演奏や発声のお悩みをご相談ください プロアマは問いません
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

年別アーカイブ: 2022

天才科学者が蒔いた脳科学の種と鍼灸の詳細へ

天才科学者が蒔いた脳科学の種と鍼灸

2022年12月12日

雑記

この本を読んだのはその表紙に関心を引かれたからだ。 画像左下に写っている、フレームに固定された頭蓋骨。フォーカル・ディストニアの治療法である定位脳手術でもこれとまったく同じフレームが使われる。 音楽家向けの施術をしていると一定の割でフォーカル・ディストニアの患者さんに取り組むことになる。...

オルダス・ハクスリーへの違和感の詳細へ

オルダス・ハクスリーへの違和感

2022年11月21日

アレクサンダー・テクニーク

オルダス・ハクスリー(1894 - 1963)は英国出身の作家である。『すばらしい新世界』というディストピア小説でSF好きの間では知られている。   晩年は神秘主義に傾倒し人間の可能性を高めることに期待と関心を抱いた。その方法として向精神薬(つまりは麻薬、ドラッグの類)の使用を肯定...

患者さんにゴッドハンド認定されましたの詳細へ

患者さんにゴッドハンド認定されました

2022年8月1日

雑記

ちょっとしたきっかけで人は変わることがあります。鍼がそのための一助になれたのなら、という話です。   しばらく前のことですが遠方から、鼻抜けにお悩みのリコーダー奏者の方がいらっしゃいました。リコーダーは趣味として友だちとアンサンブルを組んで演奏しているとのこと。   わた...

低音の呼吸の詳細へ

低音の呼吸

2022年6月13日

喉や声のトラブル

たまたま偶然ですが同じ方法で低音を出しやすくなった方が2人続きました。印象に残ったので備忘録的に。   1人はリコーダーの方で主訴は別にありましたが随伴して低音が出づらくなっていました。もう1人は歌手の方で低音域が出にくいのが主訴でした。   共通していたのは喉の奥につま...

すごい技術は量産器から生まれるの詳細へ

すごい技術は量産器から生まれる

2022年5月26日

コントラバス

コントラバス専門の職人さんに駒を調整してもらいました。   もともと私の楽器には強烈なウルフがあって、A線を弾くときは弦を弓の圧で押さえつけなければならず、またE線のA♭やGあたりはどうがんばっても音が響きません。反対にG線はギラギラした音色で、移弦のたびに違う楽器のように音が変わるの...

アーティストと職人の詳細へ

アーティストと職人

2022年3月21日

雑記

あるベーシストとお話ししていて「俺たちは職人だからさあ」と言われて驚いたことがあります。その人は長年にわたり有名歌手のバックをつとめていて、そんな人が「職人」と自分を呼ぶのがかなり意外だったからです。   似たような話をプロオケのトゥッティ奏者からも聞いたことがあります。プロとして楽器...

ウェブサイト作り直しましたの詳細へ

ウェブサイト作り直しました

2022年2月7日

雑記

ウェブサイトを改訂しました。   今回はわたしにとって3代目のサイトになります。思いかえせば最初に作ったサイトは2013年、今から9年前でした。9年で3つ目というのが多いのか少ないのか分かりませんが音楽家・ミュージシャンに見てもらうためにどうしたら良いのか、それだけもがいてきたあかしで...

  • ブログトップ
    ブログ

    音楽家の悩みを解決するブログ

  • ブログカレンダー
    2023年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter