演奏や発声のお悩みをご相談ください プロアマは問いません
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

タグ別アーカイブ: トランペット

腕がゆれてしまうトランペット奏者とのレッスンの詳細へ

腕がゆれてしまうトランペット奏者とのレッスン

2020年5月27日

アレクサンダー・テクニーク

楽器をかまえる時に腕がゆれてしまうトランペット奏者にアレクサンダー・テクニークのレッスンをしました。   マウスピースをアンブシュアに接する瞬間はとても繊細です。   思ったところにカップがおさまらないと吹きたくても吹けません。   そんな感覚は管楽器の人な...

腕が揺れても吹ける奏法の詳細へ

腕が揺れても吹ける奏法

2020年3月6日

ふるえ・ゆれ

楽器を構えると腕が揺れてしまうトランペット奏者の方が定期的にいらしています。   鍼灸とアレクサンダー・テクニーク両方の良いところを使って取り組み始め約1年が経ちました。   揺れる原因は良く分かりません。   病院にもかかっていますが命にかかわるような深刻...

ラッパなら本音が話せますの詳細へ

ラッパなら本音が話せます

2019年10月23日

ふるえ・ゆれ

かまえようとすると腕がガクガクゆれてしまい、楽器のセッティングにも困難をともなうトランペット奏者がいます。   名前を仮にOさんとします。   ゆれても楽器を押さえつけるようにして何とかだましだましやってきたのが、とうとう完全に演奏不能になって僕のところにいらっしゃいまし...

オーディションをひかえたトランペット奏者の詳細へ

オーディションをひかえたトランペット奏者

2019年5月16日

腰痛

今年はトランペットのオーディションがたくさんあるのだそうです。   そのせいか、このところオーディションに向けた体のメンテナンスでトランペット奏者の方が続きました。   興味深いことにわりと共通の症状があり、それは腰痛と呼吸のしづらさです。   我々日本人は...

アーバンの先生が残したトランペット教本の詳細へ

アーバンの先生が残したトランペット教本

2018年8月26日

雑記

こんにちは!ハリ弟子です。   前回のブログで François Dauverné (フランソワ・ドヴェルネ)というアーバンの先生がいたと紹介しました。   ドヴェルネが生きた時代は1799年~1874年。   ナチュラル・トランペットが一般的だった時代...

たくさんあるらしいアーバン金管教本の詳細へ

たくさんあるらしいアーバン金管教本

2018年8月26日

雑記

こんにちは!ハリ弟子です。   昨日は目黒のBody Chanceにてトランペット奏者後藤慎介さんに練習の仕方を学ぶ会に参加しました。   慎介さんがおもむろに取り出したアーバン金管教本、他の出版社のものより内容がていねいなのだそうです。   同じアーバ...

  • ブログトップ
    ブログ

    音楽家の悩みを解決するブログ

  • ブログカレンダー
    2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter