演奏や発声のお悩みをご相談ください プロアマは問いません
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

タグ別アーカイブ: 鼻抜け

演奏になんら支障のない鼻抜けの事例の詳細へ

演奏になんら支障のない鼻抜けの事例

2021年6月9日

管楽器奏者の鼻抜け

先日、トロンボーンの学生さんからチャットでメッセージいただきました。鼻抜けにお悩みとのこと。ただし僕がこれまでみてきた普通の?鼻抜けとはだいぶ様子が違いました。   鼻抜けとは管楽器を吹くときに息が鼻から抜けてしまう現象です。鼻の奥と口の奥はつながっていて、軟口蓋がこのつながりをふさぐ...

鼻抜けを考える(2021年5月版)の詳細へ

鼻抜けを考える(2021年5月版)

2021年5月7日

管楽器奏者の鼻抜け

音楽家専門の鍼灸をしていると一般的鍼灸院ではまず出会わない症状をみることがあります。その一つが管楽器奏者の鼻抜けです。   鼻抜けは管楽器を吹く時に鼻から息が出てしまう現象です。なぜ起こるか?簡単に言えば軟口蓋の閉鎖が不十分なために起こります。   ただしこの軟口蓋の閉鎖...

日常生活では問題ないが軟口蓋が人より短かった鼻抜けの事例の詳細へ

日常生活では問題ないが軟口蓋が人より短かった鼻抜けの事例

2019年5月23日

管楽器奏者の鼻抜け

管楽器奏者の鼻抜けに関して、以前より鼻咽腔閉鎖不全とそうではない状態の間にグレーゾーンがあって多くの鼻抜けに悩む奏者はこのグレーな部分に入るのではないかと書いてきました。   >>楽器を始めた当初からの鼻抜けが手術で解消   鼻咽腔閉鎖不全は外見上明らかな特徴...

鼻抜けを解決するためのレッスンのすすめ方の詳細へ

鼻抜けを解決するためのレッスンのすすめ方

2019年2月26日

管楽器奏者の鼻抜け

僕がこれまでに見てきた鼻抜けの方々はオーボエ、クラリネット、サックスといった木管リード楽器がメインです。   別に望んでそうなったというよりは、いらした方のお悩みに対応するうちにこうなったというのが実状でした。   最速は1回のレッスンで抜けない吹き方が身についた音楽科の...

管楽器演奏と喉頭の位置の詳細へ

管楽器演奏と喉頭の位置

2019年2月24日

管楽器奏者の鼻抜け

ボイス・トレーナーなど声や喉を専門とする人の間では、喉頭が後ろに引っ込むことで発声に悪影響があるとされているのを最近知りました。   この図を見ると分かるとおり、喉頭は首の前側にあります。   喉頭が後ろに下がるとそこには硬い頚椎があってそれ以上後ろに行くことはできな...

喉開き奏法と管楽器奏者の鼻抜けの詳細へ

喉開き奏法と管楽器奏者の鼻抜け

2019年2月13日

管楽器奏者の鼻抜け

管楽器界隈ではよく「喉を開け」と言われます。   僕も以前チューバを吹いていた頃、言われました。   どういうのが喉を開くことなのかよく分かりませんでしたが、あまり疑問にも思わず、人にも聞きませんでした。   なので完全に自己流で喉を開けて吹くようにしていま...

鼻抜けに悩むクラリネット奏者とのメール相談の詳細へ

鼻抜けに悩むクラリネット奏者とのメール相談

2019年1月24日

管楽器奏者の鼻抜け

鼻抜けに困っているクラリネット奏者の方からメールでご相談いただきました。   ご本人から許可をいただきましたので、内容を一部抜粋して掲載します。 【相談者】 私は酷い鼻抜けに悩みながら恥ずかしい思いもしながら奮闘してきました。   いろいろしましたが解決せず…この...

鼻抜けを考える(2019年1月版)の詳細へ

鼻抜けを考える(2019年1月版)

2019年1月22日

アレクサンダー・テクニーク

おととしの9月から10月にかけて「鼻抜けに取り組む」とのタイトルでたくさんの記事をブログにあげました。   それからさらに多くの鼻抜けに悩む管楽器奏者と向き合ってきて、だんだんと鼻抜けの方に共通する演奏姿勢について見えてきたものがあります。   ここ数日は、あえてその姿勢...

3月のワークショップ企画の詳細へ

3月のワークショップ企画

2019年1月20日

アレクサンダー・テクニーク

ちょっと先ですが、3月30日&31日に演奏家の不調をテーマにしたアレクサンダー・テクニークとヨガのワークショップを開催します。   今日はそのご紹介、2日で3コマやります。 3月30日(土)9:30~12:30 クラリネット・オーボエ・サックス奏者のための鼻抜け相談&レッスン会...

オーボエ奏者の鼻抜けに効いたアドバイス2つの詳細へ

オーボエ奏者の鼻抜けに効いたアドバイス2つ

2019年1月3日

アレクサンダー・テクニーク

地方でプロとして活動するオーボエ奏者の方が月に1回程度いらっしゃいます。   目的はアレクサンダー・テクニークのレッスンです。   昨年の4月ごろに大きな本番で鼻抜けが起こってしまい、それ以来調子を取り戻せなくてご相談いただいたのがきっかけでした。   いら...

オーボエ奏者とのレッスンの詳細へ

オーボエ奏者とのレッスン

2018年11月20日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   昨日書いたブログ、息だけで音楽を奏でる練習がいきなり役に立ちました。   鼻抜けから思うように吹けなくなってしまったプロのオーボエ奏者の方とのレッスン。   遠方なのに熱心な方で、月に1回予定を調整して東京にいらっしゃいます。...

レッスンは先生が壁にぶち当たる場ですの詳細へ

レッスンは先生が壁にぶち当たる場です

2018年10月31日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   先日まで来日していた米国のアレクサンダー・テクニーク教師キャシー・マデンがよく「ピンクの象のことを考えないためにはどうしたらいいかしら?」となぞなぞみたいなことを言います。   ここで「ピンクの象のことは考えないようにしよう」と思うと負...

扁桃腺(へんとうせん)で起きていた管楽器奏者の鼻抜けの詳細へ

扁桃腺(へんとうせん)で起きていた管楽器奏者の鼻抜け

2018年6月21日

体のしくみ

こんにちは!ハリ弟子です。   ハリ弟子のところにアレクサンダー・テクニークのレッスンに通ってくれている生徒さんに、初めて楽器を吹いた時から鼻抜けしていた人がいます。   病院での治療と並行してレッスンを続けていましたが、ようやく原因が分かりました。   扁...

自分で学ぶ生徒さんの話の詳細へ

自分で学ぶ生徒さんの話

2018年6月12日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   鼻抜けがきっかけで半年近くアレクサンダー・テクニークのレッスンを続けているクラリネットの方がいます。   最初に話をうかがった時、中学の部活で初めて楽器を吹いた時から抜けていたとのことで、正直難しいと思いました。   ただ、病...

息の方向性を変えることで鼻抜けが改善?の詳細へ

息の方向性を変えることで鼻抜けが改善?

2018年3月28日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   仮免許運転中のアレクサンダー・テクニーク、鼻抜けに悩む高校生のアルト・サックス奏者がお試しレッスンにいらっしゃいました。   好不調、波はあるものの3~4年前から鼻抜けに悩んできたとのこと。   いらした日はそれほどひどい状態...

鼻抜けに取り組む(7)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(7)

2017年11月3日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   クラリネット奏者の鼻抜けにアレクサンダー・テクニークで取り組むシリーズ第7回。   今回で完結です。   前回は、親知らずを抜くことと鼻抜けの関係として、上あごの骨の中にある上顎洞という空洞に歯の根っこが通じていて、抜歯した時...

鼻抜けに取り組む(6)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(6)

2017年10月21日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   しばらく間が空きましたクラリネット奏者の鼻抜けにアレクサンダー・テクニークで取り組むシリーズ第6回。   喉の痛みは起こらなくなってきたのですが、今度はいきなり鼻抜けが起こるようになってしまいました。   鼻抜けの前兆が喉の奥...

鼻抜けに取り組む(5)の詳細へ

鼻抜けに取り組む(5)

2017年10月15日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   クラリネット奏者の鼻抜けにアレクサンダー・テクニークで取り組むシリーズ第5回です。   レッスンを始めてから4回目、初めにいらしていただいてから1か月程たった頃のことでした。   「最近、喉の奥の痛みはないんですが、いきなり鼻...

  • ブログトップ
    ブログ

    音楽家の悩みを解決するブログ

  • ブログカレンダー
    2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter