演奏や発声のお悩みをご相談ください プロアマは問いません
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

デジタル・ピアノがやってきた

" 雑記 "

2020年10月4日

当院にデジタル・ピアノがやってきました。

 

ご縁あって今回ゆずり受けることができました。

20年くらい前のローランドFP-3、コンパクトに見えますが88鍵あります。

 

電子とは言えタッチは実機を模して作られており低音で重く高音で軽い、またダイナミクスも反映します。

 

キーボード専門の方がまとめたブログ記事によると、当時の家庭向けモデルとしてはかなりプロ仕様に近づけて開発したもののようです。

 

≫ 【Vol.306】Roland FP-3 ~ローランドのスタイリッシュ・本格デジピ[2001年]

 

取説なしでも線をつないで音を鳴らせるまでたどりつけた、その扱いやすさには助かりました。

 

ピアノの方がいらしたとき、これまではエアーで指を動かしてもらうか、訪問可能なエリアであればこちらから出向くかしかなかったんですよね。

 

これで鍼施術の効果の前後比較や術後の演奏感覚の確認がより正確にできるようになります。

 

またアレクサンダー・テクニークのレッスンもより実践的な形で受けていただくことができます。

 

ピアノ、キーボードの演奏にまつわる怪我や不調についてもどうぞお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

2016年、東京都練馬区の江古田にて音楽家専門の鍼灸治療院を始める。

2021年、東京都品川区の鍼灸院「はりきゅうルーム カポス」に移籍。音楽家専門の鍼灸を開拓し続ける。

はり師|きゅう師|アレクサンダー・テクニーク教師

 

カテゴリー: 雑記. タグ: , , , , .
  • ブログトップ
    ブログ

    音楽家の悩みを解決するブログ

  • ブログカレンダー
    2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter