演奏や発声のお悩みをご相談ください プロアマは問いません
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

タグ別アーカイブ: 声楽

低音の呼吸の詳細へ

低音の呼吸

2022年6月13日

喉や声のトラブル

たまたま偶然ですが同じ方法で低音を出しやすくなった方が2人続きました。印象に残ったので備忘録的に。   1人はリコーダーの方で主訴は別にありましたが随伴して低音が出づらくなっていました。もう1人は歌手の方で低音域が出にくいのが主訴でした。   共通していたのは喉の奥につま...

声が出ないのはメンタルのせいだと言われて思ったことの詳細へ

声が出ないのはメンタルのせいだと言われて思ったこと

2021年9月25日

喉や声のトラブル

もうずいぶん前、二十歳くらいのころですが、朝起きがけの時間に声がまったく出なくなることがありました。それ以外の時間帯はがんばればなんとか声が出ましたが、朝は完全な無声。一度友人から電話がきて取ったはいいが何も言えません。「もしもーし、おーい!」と呼びかけられるもなすすべなくガチャリと切られた時の気持...

最近の施術(ミュージカル歌手の喉の調整)の詳細へ

最近の施術(ミュージカル歌手の喉の調整)

2020年11月25日

整動鍼

ここしばらくブログがご無沙汰でした。   とある本の翻訳に取り組んでいたためです。 施術の合間を使っての作業でなかなか進みませんがようやく残り一章分まで来ています。   さて症例サイト(ツボネット)にもなかなか上げられない日々が続いているので簡単ながらここ最近、整動...

イタリア人は前歯の上下を常に開けてしゃべってるのか?の詳細へ

イタリア人は前歯の上下を常に開けてしゃべってるのか?

2020年10月3日

喉や声のトラブル

僕が行っていたアレクサンダー・テクニークの学校には、大学で演劇を教える先生やプロの歌手(かつアレクサンダー・テクニーク教師でもある)も教えに来ていました。   もちろん教えていたのはアレクサンダー・テクニークですが、そういう背景ある先生なのでちょいちょいボイス・トレーニング的な内容が入...

脊椎のツボと声の響きの詳細へ

脊椎のツボと声の響き

2020年10月2日

喉や声のトラブル

先日、高い声が上にひっくり返ってしまう症状の方がいらして鍼で施術しました。   いつものとおり、状況を確認するため施術前に声出しをしてもらいます。   そのとき母音の「イ」でテストされてるのが気になり「どうしてイで歌うんですか?」と聞いたところ、「イの母音が一番症状が出や...

アレクサンダー・テクニーク 1Day ワークショップやりますの詳細へ

アレクサンダー・テクニーク 1Day ワークショップやります

2020年1月14日

アレクサンダー・テクニーク

僕のかみさんの道子はアレクサンダー・テクニーク教師でかつヨガ・インストラクターです。   その道子と合同で開催するアレクサンダー・テクニークのワークショップ、今年も開催することになりました。   2月26日(水)の午前&午後、場所は東京 千駄ヶ谷のスタジオI-LAB。 ...

緊張性発声障害と姿勢の関係の詳細へ

緊張性発声障害と姿勢の関係

2020年1月3日

喉や声のトラブル

2020年、明けましておめでとうございます!   この年末年始は31日まで開けていて、元日だけ休み、昨日から仕事開始。   音楽関係者はやはり年末年始に仕事の人が多いですから、緊急で駆け込まれても大丈夫にしました。   予想以上に多くの患者さんにいらしていた...

音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク講座(第3回)の詳細へ

音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク講座(第3回)

2019年8月6日

アレクサンダー・テクニーク

9月28日にヨガ・インストラクターでアレクサンダー・テクニーク教師でもあるかみさんの道子といっしょに音楽家向けワークショップ、第3弾をやります。   これまでの2日間が1日になりましたが、そのぶん内容はぎゅっと詰まってます。   今回は午前の部で「脊椎の3Dムーブメント」...

観察日記(頚椎のカーブ)の詳細へ

観察日記(頚椎のカーブ)

2018年10月10日

体のしくみ

こんにちは!ハリ弟子です。   最近、MRI画像の動画でいろんな人の頚椎(けいつい)、要は首の骨の動きを見比べています。   下の図のC1からC7までを頚椎と言います。   MRI画像を見ているとこの図のような教科書的弯曲(前弯)の人もいれば逆の人もいた...

息の支えの意味(2)の詳細へ

息の支えの意味(2)

2018年10月8日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   先日途中で終わってしまった息の支えの備忘録、今日は最後までまとめます。   息の支えって、息を吸いながら吐くという拮抗した動きをあえて同時にやりながら楽器を吹くことです。   一見無駄に見えることをなんでやる必要があるのか、あ...

息の支えの意味(1)の詳細へ

息の支えの意味(1)

2018年10月6日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   最近クラリネットを始めることで「息の支え」ということについて思うことがあったので備忘的に書いてみます。   息の支えについてはバジルさんのブログでも種々書かれていて、ハリ弟子の理解もこれに基づいています。   >>...

息のエネルギーをロスするところの詳細へ

息のエネルギーをロスするところ

2018年9月30日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   先日までのところで、息の圧力(静圧)とスピード(動圧)はトータルで考えると一定のエネルギーと考えられ(全圧)、スピードが増せば圧力が下がり圧力が上がればスピードが落ちる関係にあることを流体力学の理論から確認しました。   理論的には肺から出...

息のとおりみちの詳細へ

息のとおりみち

2018年9月27日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   今日は肺から喉までの息のとおりみちについてみてみます。   ハリ弟子の手元にある解剖学の教科書にはこう書いてあります。   「気管は第6頚椎の高さで、喉頭の輪状軟骨の下から垂直に下降する」   本当にそうかど...

福岡からいらした声楽の方とのレッスンの詳細へ

福岡からいらした声楽の方とのレッスン

2018年8月18日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは!ハリ弟子です。   先日、アマチュアで声楽を学ばれている方が福岡からいらしてアレクサンダー・テクニークのレッスンを受けてくださいました。   普段は福岡にいて仕事のかたわら研鑽を積み、夏休みなどのまとまった休みに東京の先生に習いに来るとか。   ...

  • ブログトップ
    ブログ

    音楽家の悩みを解決するブログ

  • ブログカレンダー
    2022年7月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter