演奏や発声のお悩みをご相談ください プロアマは問いません
bodytune(ボディチューン)音楽家のための鍼灸

右手首の鈍痛と腱鞘炎、弓を落としそうで怖い(ヴィオラ奏者)

" , , , , , , "

来院者

女性 40代 ヴィオラ

期間

2019年2月

症状

長時間弾き続けていると右手首橈側に鈍痛が生じ、力の加減が難しくて演奏中に弓を落としそうになる。特にff直後の弱音やドルチェ、ミュート外してすぐの先弓でのpの場面で弓を落としたくないので力が入って音がぎこちなくなりがち。弓を落とすのも音に出てしまうのもどちらも怖く、手汗が出て余計滑りやすくなる悪循環にはまってしまう。

整形外科を受診したところ右手指の腱鞘炎で薬指以外の全指で炎症があることが分かり、パラフィンによる温熱治療をしている。

さらにできることがあればと思って来院。

施術と経過

触診したところ、右肩甲骨と脊椎の間に硬結を確認した。また、ふくらはぎの肩こりに関係するツボも顕著に硬くなっていた。

肩こりから肩甲骨及び鎖骨の可動性が損なわれ、腕の動きが制約されることで腱鞘炎や力のコントロール不調を生んでいると考え、肩甲骨と脊椎の可動性を回復し、肩こりに効果のあるツボを中心に施術することとした。

合わせてアレクサンダー・テクニークの観点から鎖骨・肩甲骨を前の方に運び、肘の屈曲・伸展を積極的に使って弓と弦が当たる角度など調節するよう提案したところ、先弓でも置きやすくなり手首や指も楽になった。

数か月後、別の症状で来院した際に、腱鞘炎も治り弓を落としそうになる症状も解決したことを確認。

使用したツボ

C7夾脊R、T7夾脊R、魄戸L・R、膏肓R、膈兪L・R、飛揚L・R

  • 診療案内
    診療時間/休診日イメージ(9:00~20:00)休診日:日曜・月曜・祝祭
  • 営業日カレンダー
    « 2022年10月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 休診日
    • 臨時休
  • アクセス
    shirabe(しらべ)は東京都品川駅から徒歩8分。羽田から新幹線からアクセス良好です。
  • 音楽家の悩みを解決するブログ
    音楽家の悩みを解決するブログ
  • ツイッター
Twitter